MENU

イマークSは飲むタイミングに注意!ベストな飲み方で効果を実感しよう。

 

イマークSは他の健康食品と同じように飲むタイミングは、基本的にはいつでも大丈夫ですが、より効果的に摂取する場合の飲み方は空腹時の食感が一番身体にDHAやEPAなどの栄養成分を吸収されやすいです。
他にも朝起きてすぐに飲むとより効果的になるので、朝食を食べる前がおすすめです。薬やサプリメントなどは諸語に摂取するものが多いですが、イマークSなどの健康補助食品は飲むタイミングには工夫が必要です。
ただし食間に飲まないと身体に異常をきたすという事もないので飲めるタイミングで飲むでも可能です。
イマークは中性脂肪を落とすのに効果的ですが、イマークにはイマークとイマークSがあります。
もともとはイマークが販売されていましたが、イマークSにリニューアルされた時に2種類販売されています。どちらも中性脂肪を落とすための役割を果たすDHAとEPAの成分量は同じで同等の効果を得る事ができます。
一番わかりやすい違いはリニューアルされる以前のイマークには豆乳をベースに作られており常温では味や風味が低下してしまうため冷蔵保存が必要でした。
イマークSは豆乳を一切使っていないため常温保存が可能になり、味も飲みやすいヨーグルト風味に変更になっています。
カロリーもイマークとイマークSでは比べると半分以下となっています。
2種類販売されている理由として従来のイマークのリピーターから慣れ親しんだ味にて飲み続けたいという声があるため2種類販売されています。

このページの先頭へ
ノンアダチャの楽しみ方