MENU

イマークSの成分とは?中性脂肪を下げる効果があるのは何で?

イマークSの成分とは?中性脂肪を下げる効果があるのは何で?

 

お酒の飲み過ぎ、運動不足、栄養の偏りなどで中性脂肪が気になるならイマークSです。
イマークSは1日1本で血中の中性脂肪を約20%低下させることが期待できるトクホドリンクなのです。
中性脂肪は活動するためのエネルギー源となる脂肪で、食事から摂取されるものが殆どで、食生活や運動などでエネルギーとして燃やすことにより変動します。
そのため、運動不足や食べ過ぎなどで余ったエネルギーは体内に蓄積されて過剰なものは健康を脅かすことにつながります。
血中中性脂肪は血液中の中性脂肪のことで、健康診断などの検査で数値を知ることができます。
この数値を低下させるには魚に多く含まれる健康成分でもあるEPAやDHAを摂取することです。
イワシなどの魚に多く含まれる成分は必須脂肪酸でオメガ3脂肪酸のひとつで、健康を維持するためには重要な成分でもあります。
魚を食べることで効果を得ることはわかっていても、毎日大量の魚を食べることは難しいことです。
そんな場合はイマークSです。
イマークSは1日1本の摂取でEPA600mgでDHAは260mg摂取することが期待できます。
ヨーグルト風味で飲みやすいため魚が苦手な場合でも毎日飲むことができます。
イマークSはトクホの特定保健用食品で、世界に先駆け高純度のEPA抽出に成功し、抽出から製造まで一貫した生産体制を実現し徹底した品質管理が行なわれているため安心して飲むことができます。
1日1本を4?12週間継続で飲用することで血中中性脂肪を約20%低下させる作用が認められているイマークSは、中性脂肪が気になるなら摂取したいドリンクです。


このページの先頭へ
ノンアダチャの楽しみ方