MENU

イマークSはコレステロールも下げてくれる?高血圧にも効果ある?

イマークSはコレステロールも下げてくれる?高血圧にも効果ある?

 

イマークSは中性脂肪を下げる効果があることで注目を集めています。
中性脂肪は食品の脂質や体脂肪の大部分を占めるものです。人にとっては大切なエネルギーとなりますが、摂りすぎてしまうと体脂肪となって体に蓄えられて生活習慣病や肥満などになったりします。
コレステロールは肝臓のコレステロールを体全体に運ぶ役割のLDL(悪玉)と体内の血管の壁に溜まったコレステロールを肝臓に運ぶ役割のHDL(善玉)があります。
中性脂肪とコレステロールの値にはお互いに関係があります。血液中の中性脂肪が増えることでHDL(善玉)が減少し、LDL(悪玉)が増えるのです。イマークSを摂ることで中性脂肪の値が低くなることはコレステロール(善玉)が増えることになります。
中性脂肪値が高いと悪玉コレステロールが増えて血管の壁に溜まることは動脈硬化を進行させてしまいます。
体内に中性脂肪が増えてくると、血液中の中性脂肪も多くなってきて血液の粘度も高まり血液の流れがスムーズでなくなり、狭くなった血管の中に血液を送りこもうとすると、より大きな力が必要となり、それが高血圧にとつながっていきます。
そのうえ脂肪細胞が血圧を上昇させるような物質を作ってしまうのです。
中性脂肪値が高いと高血圧の他に糖尿病を引き起こすようにもなります。
中性脂肪が分解された時にできる物質がインスリンの働きを阻害してしまうことが大きな原因です。
また、痛風などにも影響を及ぼします。中性脂肪が尿酸の排出を邪魔することから起きてきます。
いろいろなデメリットとなる中性脂肪を下げてコレステロール、高血圧にも良い効果が期待できるイマークSです。


このページの先頭へ
ノンアダチャの楽しみ方